読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるいはムーミンでいっぱいの谷

ムーミン谷は、ムーミンたちが美しい自然とともに暮らす、のどかで平和な場所。その谷で一番大きい建物が、ムーミン屋敷であり、一家は、外からやってくるどんなに変わったお客さまでも歓迎します。

2017/4/13

プロ野球(写真)

北海道日本ハムファイターズ-福岡ソフトバンクホークス 第3回戦

 

f:id:noyo_yr:20170423212531j:plain

f:id:noyo_yr:20170423213755j:plain

プロ初ヒット ホームタッチアウト 森本龍弥

 

f:id:noyo_yr:20170423213256j:plain

f:id:noyo_yr:20170423213236j:plain

f:id:noyo_yr:20170423213239j:plain

f:id:noyo_yr:20170423213300j:plain

f:id:noyo_yr:20170423213233j:plain

継投 鍵谷陽平,谷元圭介,宮西尚生,石川直也,増井浩俊

 

f:id:noyo_yr:20170423213245j:plain

ホームラン 柳田悠岐

 

f:id:noyo_yr:20170423213220j:plain

勝ち

 

f:id:noyo_yr:20170423213208j:plain

ヒーロー 石井一成,清水優心,森本龍弥

 

ネット裏のちょー高いところの割にはよく撮れたほう

2017/4/1

プロ野球(写真)

 

北海道日本ハムファイターズ-埼玉西武ライオンズ 第2回戦

 

f:id:noyo_yr:20170414011229j:plain

お手玉 中島卓也

 

f:id:noyo_yr:20170414011240j:plain

小芝居 マスコットら

 f:id:noyo_yr:20170414011312j:plain

ホームラン 西川遥輝

 

f:id:noyo_yr:20170414011349j:plain

フィールディング 宮西尚生

 

f:id:noyo_yr:20170414011412j:plain

勝ち マーティン,大野奨太

2017/3/31

プロ野球(写真)

北海道日本ハムファイターズ-埼玉西武ライオンズ 第1回戦

 

 f:id:noyo_yr:20170414010205j:plain

 始球式 大泉洋

 

f:id:noyo_yr:20170414010148j:plain先発 有原航平

 

f:id:noyo_yr:20170414010156j:plainホームラン 浅村栄斗

 

 

 

 

2017/4/12

プロ野球(写真)

北海道日本ハムファイターズ-福岡ソフトバンクホークス 第2回戦

 

f:id:noyo_yr:20170414003344j:plain

いつもの 加藤貴之

 

f:id:noyo_yr:20170414003356j:plain同点タイムリー 近藤健介

 

f:id:noyo_yr:20170414003405j:plain

f:id:noyo_yr:20170414003414j:plain

勝ち越し2ラン レアード

 

f:id:noyo_yr:20170414003425j:plain

捕殺のシーンを邪魔する審判

サボタージュ

1000字未満

最近のブログ記事、本当にダメ。サボり。書いてないのもそうだけど、中身を外から無理やり引っ張っている。もっと内なる循環というか、読み手に委ねる文章でなければならない。断定してはいけない。

 

その事象について書くのはまだいいとして、自分から探しに行くのではなくて自分に入り込んできたものを出荷しなければならない。養殖モノはダメ。粗悪品。環境を操作しやすいために天然モノより質を高く提供できる魚なんかも種によってはあるらしいが、このブログにおいてはそれではダメなのだ。なぜかというと、そう決めたから。

 

では内側から湧き出る文章とは何か。わからない。思考は必ずしも自由意思である必要はないしそんなことはありえない。あなたは意思と行動が一致していますか?ほんとに自分の意思で決定していますか?その意思は純粋ですか?

 

ただ一つ、書き手の顔が見えるというのは結果として表れてくる。強い断定の主観は読み手から距離が生じてしまう。惰性は読み手が照らし合わせて評価してくれる。もっとも、このブログのアクセス数には気をかけてはいけない。

 

国語の読み物の授業が退屈なのはだいたいそういう理由だ。つまらない。普遍的な核心は響くかもしれないし響かないかもしれない。読みたいところは何回でも読み込んでいいしわからないところはわからないままでもいい。パターン化された授業上では推理小説が適していると思う。というか、一人で読ませろ。音読と発声の機会だけは良い。

 

ゲームをしている場合ではない。撫でる文章をアウトプットするには、固有名詞をできるだけ排除して、耳をふさぎ、よく眠る。

 

2017シーズン

1000字未満

 

北海道日本ハムファイターズ、毎年リーグ優勝できると思ってシーズンに臨んでいるが今年も同様だ。選手一人一人へのコメントをまとめる気力がないのでそれは随時Twitterで書くとして、優勝できると思っている。半分強気だがもう半分は本気で。2016年も全く悲観的なこと言わなかったし。

 

少しマクロ的な話をすると、昨年絶対的な強さの獲得に成功した。底上げ。打線としての各個人のパターン化にしても接戦の終盤で逆転する前後におけるリリーフの強さにしても、とにかく前例を参考にした自信と役割認識が好循環を起こした。相手にも見えるレベルの経験。自軍のみの思い込みや強制の要素は薄く、敵チームのファンの目にも明白なそのパターンの強さは対策や警戒を正攻法ではねのけた。つまり15連勝。パリーグ5球団への勝ち越し。

 

代打を出された大野がベンチで打者を応援し打てばガッツポーズができる強さ。

 

30代に差しかかる前の数年の一番美味しい部分がまだ見られるわけで、生え抜きの恩恵がたっぷりと受けられる。現在の中心選手が全盛期にあり発展途上の選手がレギュラーになりつつある選手編成、大きく言えばドラフト戦略の最大幸福が得られる。ただこの編成は本当に数年で壊れてしまうし現在のメンバーの試合運びを楽しめるのが限られていると思うと辛い。辛抱すべき(チームとしてもファンとしても)はその入れ替わりの時期、ラグであって、2017年ではない。ただFA権獲得選手も増えるし、応援しよう。

 f:id:noyo_yr:20170331144512j:plain

 2017/3/16、ぶれてる。

 

パン屋と和菓子屋

1000字未満

道徳の教科書がパン屋を和菓子屋に修正させたとか、ほんとうにどうでもいい。教科書における例の示し方を「より好ましい(とされる)もの」に変更しただけで、パン屋が愛国心の育成において不適切だと飛躍するのだから救いようがない。その補完すら一切排除し面白おかしく騒ぎ立て、陰謀論に走り出し、すぐに忘れるのだから有害極まりない。他にもいくつか修正点があったようだが、道徳の教科書という誰にでも共通する普遍部分のみをまとめ上げたような正しさの塊に、大衆の総意を基にしたような誰も責任を持てない常識を掲載するはずがない。

 

別にパン屋で問題はないしそこを突き詰めていくのは潔癖で気持ち悪いが、教科書とはそういうものではなかったのか。嘘臭さに自ら気づき実際の回る社会との比較を曖昧ながらも行い、教科書を土台にひとつ賢くなっていくわけで、そういうものである。研修用ビデオに文句をつける人はいない。道徳の教科書の使用頻度は置いておくとして。

 

一億総ご意見番社会、滅びればいいのに。