Cosmic ExplorerとMadeon

特に何か内なる心を動かされたわけでもないのだが、Perfumeの『Cosmic Explorer』とMadeonの『Imperium』が近いと思ったので記録として書いただけ。ただ調べても、同じMadeonでも『Finale』に似てるという意見しか見当たらず、おっかしーなーという感想です。終わり。

階層とTwitterと公

同調圧力の枠内に存在したくない、と集団から距離を置こうとする意思は誰にでもあるものだろうが、その集団から下層に対してもその文化の基準に照らした意見が生じていることについては理解されてないように思う。あなたをけなしているわけではないよ。中学生の頃に陰謀論に魅力を感じるのと同じことです。

 

特にTwitterなんかはそれが顕著で、たくさんのリツイートを稼いだツイートを見るとそれが社会人の内心を見事に突いていると思い込んでしまうわけだ。もちろん日々規模が拡大していることを踏まえるとしても、3000でも5000でも10000でも関係はない。Twitterという環境そのものが社会から一段階(半段階)ズレて成立しているもので、その中にも階層が存在しているだけである。お気持ち表明の基準が、内容的にも道徳感情的にも異なる。階層間には目に見える隔たりがあり文化や様式は異なる。全く悪いことではないけれども、結局は階層内での確認作業に過ぎない。

 

労働者は性善説に生きているのだから劣悪な環境で当たり前、アフィリエイト・転売は絶対的な悪、倫理観の欠けた言動の責任は地位の放棄でしか許されない、など様々なマジョリティが形成されているが、アーティストに正当な対価が支払われていない、音楽の著作権保護団体の新規活動は無条件で敵、のように全く別の視点からの意見が共存している時点で一つのコンセンサスが形成されている集団とは言えない(ただしこの件については底の浅さが知れているとも言える)。ちなみにネコは神らしい。

 

アニメ批判をする芸能人は叩かれるべき対象だ、というのもあるがこれは全く目が見えていない。輪から外していたはずの除け者らが許可を得ることなく勝手に文化を形成し盛り上がっているために牽制をしているのであって、その文化の内容には全く興味を示していない。階層間の覗き見程度の話である。全く同じ構図はどの階層にも数多見つかるわけで、特別大きな問題として互いに言いがかり的な批判を続けることは無駄そのものだ。

 

だからこそ、Twitterの発言には責任を持つ必要がないし、誰かの気をひくような発言を意図的に目指す必要もない(人生は?確かに同じことのような気もするぞ)。そこに企業や有名人が公の意識を持ち込んだせいで、階層が入り混じり平等に不幸が蔓延する結果になってしまった。もちろん「公」だけでなくコンテンツとしての数量的な時間と発展の問題も底にはあるが、新参者に対してその階層構成者の全体がある程度攻撃的であることは、階層内の平穏を保つに不可欠な要素と言える。

 

階層内にヒエラルキーが存在した上で攻撃的であればそのコンテンツは次第に消滅するだろうが、共通認識として壁を補強することは不当ではない。なぜなら共通認識としての基準に足りるまで階層を覗き見しながら様相を伺うことはできるのだから。そこで調子に乗った新参者が平穏を保つための攻撃性をメガホン片手に批判し、その所属集団から一定数の同意が得られると、階層間戦争が勃発してしまう。民主主義は崩壊してしまう。構成者が不満を秘めている場合ではない限り、コンテンツの混沌は新参者によってもたらされる。別の文化の型にはまっている人間がその常識を振りかざして殴るのだから、救いはない。皆等しく堕ちていきましょう。

 

現に社会の常識を当てはめられたからこそ、ツイートで逮捕されてしまう。大衆の意向次第で個人情報が特定されてしまう。社会から切り離されるための利用が、いつの間にか制裁を加えられるために社会基準で評価される。あなたはいつだってどこだって社会基準の評価を受け続けなければならない訳です。辛いなあ。

 

構成者の一人としてできることは、バカを無視すること。政治的な意見を述べてもいいし、主語を大きくして特定の個人を叩いてもいいし、感性に沿った絵や写真をアップロードしてもいいし、コレクトネスに配慮しなくてもいいし、事実確認を怠った発言をしてもいいし、マーケティングをしてもいいけれど、バカは無視しなければならない。

 

 

茶番とやる気とそのサンプル

書くことがない。別に書かなくてもいいけど、次第に薄くなっていくことだけは避けたい。写真に埋もれてしまうのも居心地が悪い。これもまた特に理由はないが、とにかくそうなのだ。

 

継続は力なり、なんていうけれど本当にそのままの意味で、n=n+1の繰り返し。つまり初項が重要。難しい。

 

多分初項は幼稚園に入る前くらいに定まる。各個体に備わっているセンサーの精度は違っていて、チューニングで特化したり専用パーツで拡張したりはできるけどそれには投資が必要。時間と金と力量。茶番センサー、なかなか変化しないでしょう。基本ルートはブレない。いやああの時の自分とは違っているのだよと思い込みがちだが、選んでいるのはルートであってそのズレは仕様です。認めましょう。

 

自分では反応してると思い込んでいるけど、感知できるものとできないものは既に定まっている。世界は広い。頑張ろう。

 

書くことがないと言いつつも適当に下書きをしていれば何かしら打ち込むことはできる(はい、人生で打ち込んだものは、キーボードです!)。労力のかかる部分も各個体でバラバラだ。0から10にするのに苦労する人と数多の1から選び抜くのに苦労する人。やる気がないので前者です。

 

気にしていなかったけど数値、二進数だ。

 

 

そういえば前回の記事でクイズを出した。本当は東京と東北に加えてニュージーランドあたりも選択肢に盛り込みたかったのだけど、あれは人口集中に伴う都市機能の集中のお話だったので諦めた。思いの外そこが理解されていないのには驚く。また外向きの話を少しすると、件は建前上誰も擁護できない発言をしてしまったから問題なのであって、内容に怒りを示している人は理由を後付けしたい方々くらいだろう。そういう人向けにニュージーランドを入れて思考停止させたかった訳だがくだらないのでやめた。政権支持率は変化していないらしい。

 

トロッコ問題の社会的な正解は認知しないことです。

 

センサーが違うのだなあ。

 

amazonマーケットプレイス

amazonのショップからというと中古本しか購入していない身としては特に心配はないのだが、明らかに胡散臭いショップが増えている。身の回りで発見したのはだいたい機械物。ガジェット。

 

流行りの詐欺の手法が比較的大勢に知られたことで、もちろん向こうは頃合いを見て対策を打ってくる。格安の商品の注文受付をキャンセルし個人情報を実質何のリスクも取ることなく得るという手法の詐欺であるから、少し頭を使えばわかるように、数ヶ月もすれば次は適正価格を装うだろう。事実かは不明だが何年も前から登録してあるショップを買い取りカモフラージュしているという情報もあるため、一部名の知れた中堅ショップが売りに出す可能性も無きにしも非ず?

 

わかっている人にはどうってことのない話だが、ダメージはある。安いと思って詳細を開いたらamazon販売価格はその倍ほどで購買意欲が薄れてしまう。早く規制をかけないと消費停滞でデフレになってしまうなあ。大変だ。ところで、情報が金になる時代なのだから、ダミーで大量購入していけばいくつかは商品が届くのでは。安上がりの購入者はハッピー、情報を売ることができたショップもハッピー、情報を買った業者も宣伝活動が捗りハッピー、その下請けも仕事が増えてハッピーである。幸せになろう。

 

価格.comを見よう。

 

 

また外を向いた傾向の内容を書いてしまった。ダメ。気力がない。意欲もない。ストレスが溜まるばかり。一歩を踏み出そう!(窓から)

 

クイズです。東京と東北、被災地として選択すべきはどちらの地域でしょうか?ただしあなたは日本のうち10%の確率で東京、7%の確率で東北六県で生活を営んでいるものとし、ミクロとマクロのどちらの視点から解答しても良い。

 

おしまい。

 

 

サボタージュ

最近のブログ記事、本当にダメ。サボり。書いてないのもそうだけど、中身を外から無理やり引っ張っている。もっと内なる循環というか、読み手に委ねる文章でなければならない。断定してはいけない。

 

その事象について書くのはまだいいとして、自分から探しに行くのではなくて自分に入り込んできたものを出荷しなければならない。養殖モノはダメ。粗悪品。環境を操作しやすいために天然モノより質を高く提供できる魚なんかも種によってはあるらしいが、このブログにおいてはそれではダメなのだ。なぜかというと、そう決めたから。

 

では内側から湧き出る文章とは何か。わからない。思考は必ずしも自由意思である必要はないしそんなことはありえない。あなたは意思と行動が一致していますか?ほんとに自分の意思で決定していますか?その意思は純粋ですか?

 

ただ一つ、書き手の顔が見えるというのは結果として表れてくる。強い断定の主観は読み手から距離が生じてしまう。惰性は読み手が照らし合わせて評価してくれる。もっとも、このブログのアクセス数には気をかけてはいけない。

 

国語の読み物の授業が退屈なのはだいたいそういう理由だ。つまらない。普遍的な核心は響くかもしれないし響かないかもしれない。読みたいところは何回でも読み込んでいいしわからないところはわからないままでもいい。パターン化された授業上では推理小説が適していると思う。というか、一人で読ませろ。音読と発声の機会だけは良い。

 

ゲームをしている場合ではない。撫でる文章をアウトプットするには、固有名詞をできるだけ排除して、耳をふさぎ、よく眠る。

 

2017シーズン

 

北海道日本ハムファイターズ、毎年リーグ優勝できると思ってシーズンに臨んでいるが今年も同様だ。選手一人一人へのコメントをまとめる気力がないのでそれは随時Twitterで書くとして、優勝できると思っている。半分強気だがもう半分は本気で。2016年も全く悲観的なこと言わなかったし。

 

少しマクロ的な話をすると、昨年絶対的な強さの獲得に成功した。底上げ。打線としての各個人のパターン化にしても接戦の終盤で逆転する前後におけるリリーフの強さにしても、とにかく前例を参考にした自信と役割認識が好循環を起こした。相手にも見えるレベルの経験。自軍のみの思い込みや強制の要素は薄く、敵チームのファンの目にも明白なそのパターンの強さは対策や警戒を正攻法ではねのけた。つまり15連勝。パリーグ5球団への勝ち越し。

 

代打を出された大野がベンチで打者を応援し打てばガッツポーズができる強さ。

 

30代に差しかかる前の数年の一番美味しい部分がまだ見られるわけで、生え抜きの恩恵がたっぷりと受けられる。現在の中心選手が全盛期にあり発展途上の選手がレギュラーになりつつある選手編成、大きく言えばドラフト戦略の最大幸福が得られる。ただこの編成は本当に数年で壊れてしまうし現在のメンバーの試合運びを楽しめるのが限られていると思うと辛い。辛抱すべき(チームとしてもファンとしても)はその入れ替わりの時期、ラグであって、2017年ではない。ただFA権獲得選手も増えるし、応援しよう。

 f:id:noyo_yr:20170331144512j:plain

 2017/3/16、ぶれてる。

 

パン屋と和菓子屋

道徳の教科書がパン屋を和菓子屋に修正させたとか、ほんとうにどうでもいい。教科書における例の示し方を「より好ましい(とされる)もの」に変更しただけで、パン屋が愛国心の育成において不適切だと飛躍するのだから救いようがない。その補完すら一切排除し面白おかしく騒ぎ立て、陰謀論に走り出し、すぐに忘れるのだから有害極まりない。他にもいくつか修正点があったようだが、道徳の教科書という誰にでも共通する普遍部分のみをまとめ上げたような正しさの塊に、大衆の総意を基にしたような誰も責任を持てない常識を掲載するはずがない。

 

別にパン屋で問題はないしそこを突き詰めていくのは潔癖で気持ち悪いが、教科書とはそういうものではなかったのか。嘘臭さに自ら気づき実際の回る社会との比較を曖昧ながらも行い、教科書を土台にひとつ賢くなっていくわけで、そういうものである。研修用ビデオに文句をつける人はいない。道徳の教科書の使用頻度は置いておくとして。

 

一億総ご意見番社会、滅びればいいのに。